1.自社のらしさを表現するためのブランディング branding

「お客様への発信が社員ごとに違う」
「他社との差別化ができていない」

このような課題を抱えていらっしゃいませんか。
ブランディングとは、「らしさ」を抽出し、それを伝え、好きになってもらうこと。この取り組みが企業とホームページの力を底上げします。
当社はブランド・プランナー、ブランド・マネージャーの有資格保有者がディレクターとして、御社のウェブ制作に携わります。

はじめに行うことは、全社員さんインタビュー。
そして、みなさんでブランディング研修を行うことで、
自社の強み・弱みを再発見、スタッフ全員が自社のホームページに書かれていることを説明できるようにしていきます。

ホームページが発信していることはただの活字になってしまう、もしくは実態と異なる内容になってしまう恐れも出てきてしまいます。
そのためホームページを作る前に、しっかりとブランディングに取り組み、社内浸透しながら制作を進めていく必要があります。
また、ブランディング研修は、ワクワク楽しみながら進めていくため、自然とチームワークが太くなり、社内浸透の空気を作っていきます。

社長、社員のみんなが腑に落ちる理念やビジョンがあり、それを元にしたホームページは御社のらしさを発信し、ファンづくりの礎となります。

社長の想いだけよりみんなの想い

 

2.ホームページの分析・ウェブ解析 analytics

「今のホームページはどうなのか、よく分からない・・」
「誰に相談すればよいかも分からない」
「ホームページ制作会社に聞いても忙しくてあまり取り合ってもらえない」

ホームぺージ集客で「どうなのだろう?」と疑問と不安が入り混じっている企業様は御社だけではありません。
多くの中小企業さまは、webに力を入れたいが何をどうしたらよいのか分からないというお悩みを抱えていらっしゃいます。

そんな企業さまに、上級web解析士がサイトの診断を行い、数字とともに根拠のある改善提案をいたします。

 

3.徹底したヒアリング hearing

「制作会社とうまく意思疎通が取れない」

・自社の業界、自社について、伝えているのだが伝わっていない
・「こんなことをしたい」と伝えても、具体的な作業指示まで依頼しないと理解してもらえない

このようなお悩みはございませんか?
制作会社は御社の願いや戦略を理解しているパートナーであると考えます。ですから少しでも疑問があればしつこくお聞きします。

コンテンツ制作は、制作者の腑に落ち感があるとそこに根拠が入ります。ご依頼いただいた企業様の意図と合致した発信は、御社の”らしさ”がにじみ出てきます。”御社らしさ”はライバルにはない、御社の魅力を伝えます。

しっかりとお客様のおっしゃっていることを理解した発信したいと考え、傾聴技法も学び現在に至ります。

ヒアリングは傾聴技法を学んだ有資格者が担当しています。(資格:産業カウンセラー)
 
 

ホームページ・web制作に関するお問い合わせはお気軽にどうぞ