ウェブ解析ってそもそも何?

ウェブ解析はホームページやリアルな現場、店舗などのあらゆるデータを活用して、
ユーザーの行動や感情を読み解きながら、ビジネス・事業の成果につなげることを目的としています。
「なんとなく」→「根拠をもって」会社が取り組むべきことを決めていくためのお手伝いです。

こんな方におすすめです!

・なんとなく、感覚でホームページを運用しているが効果があるか分からない
・問合せが少ない、下がっているが原因がいまいち分からない
・ホームページのアクセス数などを把握していない

ウェブ解析で実際に行うこと

①現状のヒアリング
いま現在、感じている悩み、不安、課題についてお聴きします。
会社さんの状況とウェブ運用、広告予算などについてもお聴きします。

②目的と目標の設定
ウェブ解析を行う目的の共有と実現したい目標を決めていきます。
例:売上●●%アップ1、成約件数●●件達成!、顧客満足度アップ!
ウェブの目標というよりは、企業としての目標を立てます。
そのため、目的がウェブ解析とマッチしにくいのでは?という場合は、お断りするか別の手立てを考えていきます。

③ウェブ解析の実施
まずはホームページの設定環境の確認を行います。
意外にきちんとデータが取得できていないことや、足りていないことが多くあります。
経験則で7割ぐらいは、きちんと設定できていない会社さんがいます。

その後、アクセス数や、問合せ率をまとめたレポートを作成します。

④課題の洗い出し
アクセスデータから見える課題と現場を見たうえで感じる課題を
さまざまな角度、目線で考えて、こういった課題があるのでは?ということを
とにかくたくさん洗い出します。

⑤改善施策の検討
具体的な改善施策を3~5つ提案します。
その時に作業の手間と費用が掛かる場合もあるので、改善施策の優先順位と合わせて検討します。

⑥計画の立案
作業工数と合わせてスケジュールを決めていきます。

⑦改善施策の実行
SEO対策や、リスティング広告、新規ページ作成、既存ページの内容変更など、
優先順位とスケジュールに合わせて実行していきます。

⑧検証
実施した施策の効果を検証します。
良かった点と悪かった点、次回の課題がないかをみながら、
継続、改善、保留、中止の判断をしていきます。
あとは①に戻ったり同時進行しながら定期的に実行していきます。

事例をちょこっとだけ紹介

実際にアクセス解析をご依頼いただいたとある会社さんの話です。

その会社さんはレストランを経営していて
自社ホームページは数年前に業者さんに依頼して作成しました。
毎日ブログも更新、さまざまなイベントを企画して集客数も年々向上していっていました。

そんな中、経営者のおひとりが疑問を持ちます。
「毎日、こんなに頑張ってホームページを更新しているけれど。。。本当に売り上げに貢献できているのか?」
こんな工夫を凝らしてみたけど、これって効果あったのか?
実はもっとホームページを活用できるんじゃないか?

そんな疑問がわいてきた中、彩企画に紹介で相談が舞い込んできました。
当初「ホームページについての相談がしたい」としか聞いていなかったため、早速訪問してお話を聞いてみたところ、
せっかく頑張っている自社の取り組みに対して、データで振り返りができていない状況が分かりました。

これをやったから、アクセスが伸びた!
デザインを変えたから、来店予約につながった!
効果を何となくとしか見ていない状況。。。

せっかく頑張っているホームページなのだから、それだともったいないし寂しいと思い、ウェブ解析をきっかけに現状をきちんと把握してみては?とご提案しました。
それから2か月後、このまえお話しいただいたアクセス解析をお願いできますか?と正式な依頼がきました。

ところが始めてみると綺麗に作られたホームページのアクセス解析は穴ぼこだらけ、
実はホームページの制作会社でもデザインは得意!製作は得意!など得意な分野と不得意な分野があったりします。

その中でアクセス解析は意外と設置していればいいやと適当な状態になっていることがあります。
特に古いサイトだと、正しく設置されていなかったり、そもそもなかったり、という状況をよく見かけます。

こちらのレストランのHPでもおなじようなことが、
まず、客層(年齢、性別、興味関心)の情報尾を取得できるようになっていない
次に、目標が設定されていない=お問合せした人の情報が分からない
最後に、二重設置されていて、一部正しい数値が取れていない

もはや分析する前の問題に・・・
製作会社さんへのお願い事項をまとめて、送ってもらうことで解決しました。
また、正しく分かる範囲での情報をレポートにまとめて送りました。
そして、お電話でお話ししながらレポートの説明と、分析した結果をお伝えしました。

課題やこの部分はどうですか?という疑問にもリアルタイムで調べお答えしながら進めていき、
最後に「ものすごく参考になりました!」と言っていただけました。

最初から完璧なホームページなんでありえません、
試行錯誤の中から常により良いホームページにしていくために改善が必要になります。
それをしている会社さんがWEBでも生き残っていけるのだと思います。

最近は自社ホームページを見ただけで問合せがくることはまれで、競合他社のホームページや、実際のお店、看板、チラシ、あらゆる媒体が複合的に混ざって
お客さんがあなたのサービス商品を選ぶという結果に至っています。
なので、ホームページの分析は自社の状況、お客さんの状況を図るための大切な指標のひとつと捉えて取り組んでいただくと選ばれる会社になると思います。

費用

1サイト:5万円(税別)
※訪問してご説明する場合、交通費を別途ご負担いただいております。