こんにちは!ズマペンです。
今日は、産業カウンセラーで学んだ価値観についてお話ししたいと思います。
皆さんは自分の価値観を言語化したりしていますか?

ズマペンは、産業カウンセラーで人の話を聴く、傾聴について学んだのですが、
傾聴するためには、3つ大切な要素があり、そのうちの一つが「自己一致」だと教わりました。
自己一致は、文字通り自分が一致している状態を指し、
自分をありのまま受け入れるというような感覚だとズマペンは解釈しています。
そして自己一致するためには自分自身をよ~~く理解することが大切です。

もし自己一致していないと、
自分に矛盾を抱えた状態になってしまい、
それは周りから見ると
・一貫性がないと言われたり
・気分でころころ変わる人と思われたり
・自分自身をコントロールできない人と思われたりする
原因になります。



 

こんな風に言葉にすれば簡単ですが、
ズマペンも実際に自己一致できているかというと・・・むむむ・・・
出来ているときと、できていない時が両方たくさんあります。

ただ、産業カウンセラーで勉強したおかげもあって、
自己一致するためには自分の価値観を普段から言語化する練習をしておくと良いなと感じました。
そして、イラっとしたときが実はめちゃくちゃ自分の価値観を知るチャンスだと最近気づきました。

例えば、皆さんが日常でイライラしたりすることはないでしょうか。
ズマペンの場合、この間、本八幡駅を自転車で滑走していると、
子どもを連れたお父さんが歩きたばこしているのを見かけて、めちゃイラっとしました。

その時は心の中で
「歩きたばこは人にぶつかったら危ないだろ!煙を他の人に吸わせて平気なのか!火事になったらどうするんだ!というか子供の前で平気でルールを破って恥ずかしくないのか?」
呪詛のような呪いの言葉を語りかけながら、通り過ぎました。

そのあと、以前ならつい周りが見えなくなってイライラした状態が続いてしまうのですが、
これが自己一致している、しようとしているNEWズマペンだったので、


 

まずはじめに
自分は今イラっとしている!ということを俯瞰してみました。
「あっイラっとしているな」と頭の中で考えて、
何に対してイラっとしているんだろうともう一人のリトルズマペンに話しかけます。

そうすると・・・
「タバコは路上で吸うことは禁止されている」
「ほかの人に迷惑を掛けたり、煙や灰で街を汚す行為」
「自分の欲求を優先して周りの迷惑を考えていない最低な人間」
「子どもにどういう顔で叱ったりするんだろう」
といった応えがかえってきてました。

そして
「周りの人の迷惑を考えない人が嫌い」
という結論めいたものが出てきます。

さらに
リトルズマペンに話しかけます。
「あなたは周りに迷惑をかけない」ことを大事にしている、
それがあなたの価値観なんだね~
と、

ここまでくると、はっと気づきます。
「はっそうか周りに迷惑をかけないことを大事にしているのか!?」と
なぜか自己発見=自分が大切にしている価値観を発見しています。

こうすると、
イラっとした気持ちを周りにぶつけることなく、消化している感じになります。
(これを書き溜めておけば、自分の取り扱い説明書ができそう。。。)

皆さんも何かイラっとすることがあったら、
リトル〇〇に話かえてみてください。
自分の大切にしている価値観に気づける!かも。



 

この記事を書いた人



上級ウェブ解析士 水間 祐平

上級ウェブ解析士 水間 祐平
出身:千葉県千葉市
資格:上級ウェブ解析士・産業カウンセラー
趣味:映画鑑賞、スポーツ観戦、草野球

中小企業を専門に合計400サイト以上のホームページの運用・分析を担当。現在も常時100サイト以上のアクセス解析を行い、数値データから導き出す改善提案で、多くの成功事例を生み出している。また、企業のWeb・広報担当者向けにアクセス解析のセミナー研修を行っている。