こんにちは、錦織です。

顧客フォローツールとして、ニュースレターをお客様に送っている会社さんも多いと思います。

かくいう私どもも、ふたこぶらくだ通信というニュースレターを発行しています。
おかげ様で今月でVol45.となりました。

内容的にはたわいもないことが多いのですが、起業したときに
1つだけ、続けられることをしよう
と思って、続けているのがふたこぶらくだ通信です。

前の会社に在籍していたときに学ばせてもらったランチェスター経営の勉強会で、人となりや考えていることが分かる情報発信が必要と学びました。
そのツールとして私たちが選んだのが紙のニュースレターです。

なぜ紙のニュースレターにしたかというと、単純に手描きしてスキャンするのが一番早かったからです。
あとはweb業界にいるからこそ、webではないものでお客様と繋がっていたいと思ったことも理由の一つです。

そんな折、ランチェスターも含めいろいろな勉強をされている社員300名以上を抱える社長さんからとあるメッセージをいただきました。
そこには、
「いつも読んでますよ」
「読んでしまう理由は
 1.・・・
 2.・・・
 3.・・・」
と書かれていました。

嬉しくて、思わずニュースレターに書いてしまったのがこちらです↓

と、思っていたら、今度はなんと!
「社内の営業マンの営業フォローツールのお手本として紹介させて頂きたいのですが構いませんか?」
とのメッセージが!!!

えーーー!!!嬉しい~~~!!!
はい、もちろんです!

会社が発行しているニュースレターですと、もう少しきっちりした体裁で内容もwebやブランディング、マーケティングの昨今等を記載したほうが良いと思うのですが、あくまで個人通信という位置づけなので、えんえん手描きのへたくそなマンガをお送りしています。

でも、これが自分にも無理がないので続けられています。

そしてもう一つ、続けられる秘訣が。
それはニュースレターの封入をある事業者さんにお願いしていること。
刷り上がったニュースレターを取りに来てくれて、封入して持ってきてくれます。
担当がお二人いらして毎月顔を合わせるので「今月は書けませんでしたー」とか言えません。

お二人ともNさんなのですが、ニュースレターの封入日が近づくたびに「Nさんが待ってる~~(><)」と言いながら描いています。

そして、折に触れて「読んだよ~」「ここが爆笑だったよ~」とお声をいただいたり、今回は営業フォローツールのお手本に!なんて、こんなにも嬉しいお声かけをくださり、本当に感謝です。

何よりも、このような声をかけてくださる方々がいらっしゃるのが、続けられる一番の理由ですね。
とても幸せなことです。ありがとうございます。

来月はどんなニュースを書くことができるか楽しみです。

この記事を書いた人



錦織綾

ブランドプランナー 錦織 綾
出身:千葉県千葉市
資格:webディレクター/ブランド・プランナー
趣味:ピアノ、合気道

工務店・住宅業界に特化したWEB制作会社に15年勤務。ウェブディレクターとして500社以上の中小企業のホームページ制作の実績をもつ。特に、各企業のブランディングを行ったホームページ制作を得意としており、数多くの人材採用・顧客集客の成功事例を生み出している。