こんにちは!ホームページの分析大好き、上級ウェブ解析士のズマペンです。

この記事はブログを書いているけど、なかなかアクセスが伸びない。成果につながらない。と感じている方に向けて書いています。
突然ですがあなたがホームページで新規のお客さんを集客したいと思ったとき、どんな方法でお客さんを集めていますか?ブログを書いたり、キャンペーンがあったらリスティング広告を出してみたりさまざまな手法でお客さんを集めている感じでしょうか。
その中で、今回はテーマをぐっと絞って、ブログを更新するとどんなユーザーが集まりやすいか?を解説したいと思います。


 

まずはじめに、ブログを更新すると何が起こるのか?

整理すると下記の流れになります。
①ブログを書く
②Googleがあなたのブログを見てインデックスさせる
③検索に引っかかり始める
④一般のユーザーが検索した時、上位に出てくる
⑤クリック(アクセス)して記事を見る

この中で「④の検索上位に出す」ための対策をSEOと呼んでいます。
では、次にユーザーの使う検索キーワードには3種類のタイプが隠れていることをご存知でしょうか?



 

ユーザーの検索キーワードの3つのタイプ

Ⅰ購入型
もうサービス・商品を購入する気持ちは固まっていて、買う先を探しているキーワードを指します。
例:「〇〇 購入」「〇〇 資料請求」

Ⅱ指名型
これは、サービス・商品の固有名詞・ブランド名などを検索してくるタイプのことを指します。一本釣り
例:「社名」「商品名」「ブランド名」

Ⅲ情報収集型
まだ、目的の情報や解決策を知りたいユーザーが使う検索キーワードのタイプです。
商品を購入したり具体的なアクション行動に移る前のユーザーが、主に使います。
例:「〇〇とは?」「〇〇 方法」



 

ブログ(SEO)が集めやすいのは、圧倒的にⅢ情報収集型

なぜブログが情報収集型を集めやすいかというと、

Ⅰの購入型で検索するユーザーのときを考えてみると、ユーザーは既に商品を購入したいと考えているため、ブログを読みたい気持ちはありません。商品を購入できるホームページを探しているのです!
必然的に、ショッピングサイト「amazon」や通販サイトに行く場合が多いので、あなたのブログ記事が上位に表示される可能性は低くなります。
また、購入型で検索した時は、ほぼ100%上部に広告が出ています。これもGoogleが購入したいというユーザーの気持ちに合わせている証拠です。

Ⅱの指名型で来るユーザーは、大前提にあなたの社名やサービス名を認知している必要があります。(全く知らない人がいきなり社名・商品名で検索してくることはない!)
なので、指名型のアクセスはアナログ活動、例えばイベントやチラシ、CMなどで知ってから来るパターンがほとんどです。

ただ、こちらは例外として、情報発信自体が有益なサイトの場合、そのサイトに行けば有益な情報が見つかるかもしれないとユーザーが考えて、指名型検索できたあとにサイト内で情報探索するパターンがあります。
ブックマークの代わりに「社名検索」でくるパターンがこれに該当します。

そして最後に、
Ⅲの情報収集型のユーザーを考えると、自分が欲しい情報や悩みがあり、それを知るために検索しているため、
知りたい情報が分かるように何サイトが眺めている動きがあります。

そのため多種多様な検索キーワードがこれに該当します。
一説によると全体の検索量の80%以上がこの情報収取型らしいです。
また、キーワードによっては検索で上位表示されるための競合数が少ない場合もあり、ブログ記事を書く時のねらい目になったりします。

まとめ

もしあなたが、新規顧客をSEOで集めたい!と思ってブログを書く場合は、サイト全体の目的に沿った「個別の悩みや目的」に応える記事を書くのが大切です。

そのためには、狙うターゲットを絞り、そのターゲットが使う検索キーワードを調査して、ブログのタイトルに入れましょう。
実際にその検索キーワードで検索するのも良いです。検索するとどんな記事が検索結果に上がってくるかもチェックして、
その時、大したページがなければ、競合が弱くて上位に上がりやすい検索キーワードの可能性が高いのでねらい目です。

逆に、めちゃくちゃ作りこんである記事がある場合は、後発で検索上位に上げるためにはかなり記事内容や見せ方に工夫が必要なので注意しましょう。
もちろん頑張れば上がる可能性はあります。

ブログで新規顧客を狙うには、今すぐ客を狙うのではなく、購入からはまだ遠いユーザーをひとり一人囲い込みしていくようなイメージです。
むやみやたらに雑多な記事をかいていくと当たる記事と当たらない記事がはっきり分かれていくので、
狙いを絞ってブログを書いていくと、今より集客効果が高い記事が書けるようになります。



 

この記事を書いた人



上級ウェブ解析士 水間 祐平

上級ウェブ解析士 水間 祐平
出身:千葉県千葉市
資格:上級ウェブ解析士・産業カウンセラー
趣味:映画鑑賞、スポーツ観戦、草野球

中小企業を専門に合計400サイト以上のホームページの運用・分析を担当。現在も常時100サイト以上のアクセス解析を行い、数値データから導き出す改善提案で、多くの成功事例を生み出している。また、企業のWeb・広報担当者向けにアクセス解析のセミナー研修を行っている。