こんにちはズマペンです。
今回はブログを更新しても、なかなかアクセス集まらないな~と感じている方向けの記事です。
前提として、ブログ記事を50件以上書いている方が良いかと思われます。
名付けて「ズマペン的:コンテンツを書き直してもっとアクセス集まるページにしてしまおう大作戦!」

STEP①アクセス解析で検索キーワードを確認

まずは検索キーワードを見てみましょう。
ズマペンの場合はGoogleのサーチコンソールで調べてみました。
↓は、とある一定期間で実際に彩企画のブログに引っかかった検索キーワードです。
検索キーワードの画像

今回は程よくイイ感じのキーワードが見つかりました。赤枠で囲った7番目のホラーストーリーです。
なぜ、この検索キーワードが良いかというと、既に検索で引っかかり始めていて順位が7.5位だからです。
さらに表示回数もクリック数も発生していて、検索順位が上がればさらにアクセスが集まるのではと予想されます。


 

STEP②実際に検索してどんな競合が出てくるか見る

それでは実際にGoogle検索で「ホラーストーリー」を検索してみましょう。
2020年1月で↓の状態です。
検索キーワードの画像

こういう色々な情報が出るときは、検索するユーザーも様々ない人がいることを表しています。
・ネットフリックスでホラー映画を見たい人
・ホラーストーリーというテレビ番組を探している人
・ビジネスでホラーストーリーについて知りたい人

ここで自分が書いている情報と見比べて競合のサイトを見つけます。
今回のズマペンの場合は、もろに1位のサイトでした。

STEP③頑張ったら勝てそう!と思ったらリライト

そして実際に1位のサイトを見てみます。
自分のブログと比較しながら、足りていない情報をチェック、
どういったコンテンツがあると見ている人が助かるかを考えます。

検索キーワードの画像

以下、実際に改善したところです。
・目次がなかったので足しました。
・記事の内容で実際のホラーストーリーの作り方、構成の考え方を足しました。
・細々と説明を足しました。

これで検索順位がどれぐらい上がってアクセスがどれぐらいアップするのか?は後日アップします!


まとめ

・検索キーワードを見る
検索順位が2ページ目あたりにあるやつは惜しい状態なのでねらい目です。

・実際に検索
検索したときの競合の多さと強さで、上位に表示される難易度は変わってきます。
あまりにも競合が強いところは、はっきり言って難しいです。

・ページを改善
ユーザー目線でどのような記事が好まれるかを考えて、書いていきましょう。
競合サイトと比較することも忘れずに!

以上でまとめは終わりです。
皆さんも自社の記事、検索キーワードを見直してみてくださいね!


この記事を書いた人



上級ウェブ解析士 水間 祐平

上級ウェブ解析士 水間 祐平
出身:千葉県千葉市
資格:上級ウェブ解析士・産業カウンセラー
趣味:映画鑑賞、スポーツ観戦、草野球

中小企業を専門に合計400サイト以上のホームページの運用・分析を担当。現在も常時100サイト以上のアクセス解析を行い、数値データから導き出す改善提案で、多くの成功事例を生み出している。また、企業のWeb・広報担当者向けにアクセス解析のセミナー研修を行っている。