こんにちは!ズマペンです。
今日は、お問い合わせがなかなか来ないなぁ~と悩んでいる方に、
オススメのお問い合わせページの分析方法を書きました。

ホームページのアクセス解析のデータを分析する上で、
現状、お問合せが来ていない・少ない会社さんでも、見込み客の分析をすることができます。
それがお問い合わせページにアクセスしているユーザーの分析です。

ホームページまで来て、色々見てお問い合わせページまで来ているユーザーさんの場合
もしかしたら、あともう少しでお問合せしてくれるユーザーかもしれないからです。
分析に使うのはいつものGoogleアナリティクスです。


 

①自社のお問い合わせページのURLをコピー

お問い合わせページにアクセスしたユーザーを見る方法


 

②新しいセグメントを追加

お問い合わせページにアクセスしたユーザーを見る方法


 

お問い合わせページにアクセスしたユーザーを見る方法


 

③条件を設定

赤枠の部分をそれぞれ設定していきます。
1.セグメント名は好きな名前を付けてください
2.左のメニューから【条件】をクリック
3.フィルタを【ユーザー】に変更
4.ページ・含む・先ほどコピーしたURLを記入
5.最後に上部の【保存】をクリックして完成です!

お問い合わせページにアクセスしたユーザーを見る方法


 

この記事を書いた人



上級ウェブ解析士 水間 祐平

上級ウェブ解析士 水間 祐平
出身:千葉県千葉市
資格:上級ウェブ解析士・産業カウンセラー
趣味:映画鑑賞、スポーツ観戦、草野球

中小企業を専門に合計400サイト以上のホームページの運用・分析を担当。現在も常時100サイト以上のアクセス解析を行い、数値データから導き出す改善提案で、多くの成功事例を生み出している。また、企業のWeb・広報担当者向けにアクセス解析のセミナー研修を行っている。